レギュラーコーヒーの豆の挽き方

レギュラーコーヒーはインスタントコーヒーではないので、豆を挽かないとといけません。なので、お湯に入れるだけでは飲むことはできません。しかし、インスタントコーヒーとは違い、レギュラーコーヒーのほうがコーヒーの香りが格段に良いです。そこで今回は、このレギュラーコーヒーの豆の挽き方について、いくつか紹介します。

まず豆を挽く道具はミルと呼びます。ミルには手動のものと電動のものがあります。手動のミルはいくつかのメーカーから発売されており、木目調の雰囲気のあるものから、樹脂製の現代風なものまであります。手動ミルの利点として、豆を挽く手応えが味わえる、豆を挽くという雰囲気を味わえるということです。

実際にガリガリと豆を挽くことで、実際に喫茶店のマスターにでもなったかのような、気になることができます。デメリットとして、1回に少量の豆しか挽くことができないと言うことです。ものにはよりますが、カップ1杯あるいは2杯分のコーヒーに必要な豆の量しか挽くことができません。一方、電動のミルは、自動でガリガリと豆を挽いてしまうので、非常に作業としては楽ではありますが、雰囲気を味わうことはできません。

メリットとしては、一度に大量の豆を挽くことができ、豆を挽く労力もいらないということです。デメリットとしては、喫茶店のマスターの雰囲気が味わえないということです。コーヒーを淹れるというのは雰囲気も楽しむ行為でもありますので、雰囲気は重要です。みなさまは、どちらの豆の挽き方がお好みでしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *