カフェインレスコーヒーが持っている魅力について

健康に関する意識の高まりのため、最近ではデカフェを選ぶ人の数も増えてきています。デカフェというのは、カフェインを含んでいる飲食物から、カフェインを排除したものの総称で、コーヒーの場合にはカフェインレスコーヒーのことを指します。カフェインレスコーヒーは、日本ではまだそれほど積極的には選ばれていませんが、世界各国の国々では、全体のコーヒー消費量のうち、およそ10%を占めるとも言われています。それほどまでに多くの人々から注目されているのには、理由があります。

カフェインレスコーヒーの魅力としては、カフェイン中毒を回避できるという点が挙げられます。カフェインを摂り過ぎた場合、中毒症状が起こることがあります。カフェインが引き金になる中毒症状としては、トイレに行く回数が増えたり、落ち着きがなくなったり、のどが乾くような症状が出るほか、頭痛になることもあります。もちろん、こうした中毒症状が起こるのは、一定量以上カフェインを摂取した場合に限られますが、その量というのは人によって様々です。

カフェインに対しての耐性は、アルコールと同様、人によって異なるのです。ですから、コーヒーが好きだけれどカフェインが気になるという方や、カフェインの依存症になるリスクを避けたいという方は、カフェインレスコーヒーがおすすめです。また、寝る前にカフェインが入っているコーヒーを飲むと覚醒効果がありますが、カフェインレスコーヒーにはそうした効果がないので、就寝前にもおすすめします。オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *