カプセルコーヒーの導入を検討しよう

インスタントコーヒーはお湯を注ぐだけで完成するコーヒーです。値段もお手頃価格なので、職場や自宅で使われる事があります。しかし、インスタントコーヒーはコーヒー本来の風味や味などの品質が低い事が問題になります。インスタントコーヒーは手軽さと安さで優れていますが、本格的なコーヒーを飲んだ事がある人には物足りない商品です。

価格に拘らないのであれば、カプセルコーヒーという新しいタイプの商品を検討してみると良いです。カプセルコーヒーとは、カプセル内に豆が密封されている商品です。専用のコーヒーマシンにカプセルをセットして、スイッチを押すとカプセル内の豆を自動で取り出し、コーヒーを抽出してくれます。約1分程度でコーヒーの抽出が完了します。

使い終わったカプセルは取り出して捨てるだけなのでお手軽です。瓶入りや袋入りのコーヒー豆は空気に触れると酸化して、徐々に品質が低下してしまいます。鋭い人は使い始めと使い終わりの味や香りの違和感に気付くこともあります。しかし、カプセルコーヒーはコーヒー豆をカプセルに密封しているので、使いたい時に最高の品質でコーヒーを抽出できます。

カプセルの販売価格は豆の種類やメーカーによって異なりますが、1つ辺り60~100円程度で購入できます。カプセルはまとめ買いや定期購入を利用すると割引や送料無料といったサービスを受けられます。美味しいコーヒーを飲める環境があれば、取引先の接待に活用したり、従業員のやる気が上がったりといったメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *