コーヒーのカフェインの摂取を控えたいのならデカフェ

デカフェとは、カフェインを抜いたという意味になります。コーヒー等の飲み物から、何らかの方法でカフェインの成分を少なくしたことを意味します。日本では、カフェインレスコーヒーと同等の意味で使うこともありますが、欧米諸国では、カフェインの含有率が通常の状態の0.1%以下にならないとカフェインレスコーヒーと名乗ってはいけない決まりになっています。日本の場合は、欧米のように明確な基準が設けられていません。

デカフェを選ぶことで、カフェインによる副作用のリスクを減らすことができます。軽い症状では、トイレが近くなったり、のどが渇いたりします。重いものでは、頭痛や吐き気、胃が痛くなるなどの作用がある場合があります。また、寝る前に飲むと眠れないこともあるでしょう。

コーヒーが好きで一日にかなりの回数を飲む方や、寝る前のコーヒーを楽しみたい方には、デカフェが向いていると思われます。また、授乳中の子供のいるお母さんや、妊婦さんにも、子供に与える影響を考慮してデカフェを選ぶ方がいいでしょう。より安全なデカフェを選ぶのであれば、水抽出法や超臨界二酸化炭素抽出法を用いたコーヒーが望ましいです。水抽出法は、生豆の成分を水につけて抽出し、カフェインを抜いた後に戻す方法です。

薬剤を使ってカフェインを取り除く工程がありますが、直接生豆にかけるわけではありませんし、後から薬剤成分を除去するため、比較的安心して飲めます。超臨界二酸化炭素抽出法は、高温高圧の二酸化炭素を発生させ、カフェインの成分を取り除く方法です。味も風味も良く、薬品を使わないので、最も安全な方法と言われています。ただし、設備を整えるのが大変で、水抽出法による物が一般的になっていますし、コストもかかる分、値段も高めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *