デカフェとノンカフェイン

最近、コーヒーショップなどでもデカフェのコーヒーが流行しています。デカフェとはカフェインが少しだけ入っている状態のことをいいます。ノンカフェインとはカフェインが全く入っていない状態のことをいいます。デカフェはもともとはカフェインが入っていたものから、カフェインを抜いてカフェインを含まなくなったもののことを指します。

カフェインが完全にゼロとなるとノンカフェイン、カフェイン含有率が0.1パーセント以下に抑えられるとカフェインレスということになります。カフェインを抜く工程によって、カフェインの残留量が変わってきて、味や風味も変わってくるのです。主な脱カフェイン方法ですが、化学薬品を使用する有機薬剤抽出法、水と薬を使用する水抽出法、二酸化炭素を使用する超臨界二酸化炭素抽出法の3種類があります。有機薬剤抽出法は名前のとおりに有機薬剤という化学物質を使用してカフェインを抽出する方法になります。

安く出来るのが魅力なのですが、カフェイン以外の成分も多く失われてしまい風味が落ちやすいのです。また化学物質が残留している可能性もあるので安全面での不安ものこります。日本では販売が禁止されています。水抽出法は水を使用してカフェインを抽出する方法です。

2段階で抽出するのでカフェイン以外の成分が大きく損なわれることはなく、味や風味もしっかりと残ります。超臨界二酸化炭素抽出法は、二酸化炭素を超臨界流体にしてカフェインを抽出する方法です。最も優れた脱カフェイン方法になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *