デカフェを選ぶことのメリットとは?

デカフェという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。カフェインを含んでいる飲食物から、カフェインを排除した物を総称する呼び名です。コーヒーの場合は、カフェインレスコーヒーの意味になります。デカフェを選択する魅力のうち、一番に挙げられるのが、カフェイン中毒が避けられることです。

カフェインを摂り過ぎてしまうと、中毒症状が起こります。カフェインによって起こる中毒症状は、非常に極端な場合は死亡例も報告されていますが、一般的な症状としては、酷い症状になると吐き気や頭痛、胃痛が起きたり、不安感や疲労感が起きます。軽い中毒症状では、トイレに行く回数が増えたり、落ち着かなくなる、喉が渇く、などがあります。このような中毒症状が起こるのは、一定量を超えるカフェインを摂取した場合ですが、その量は人によって様々です。

つまり、カフェインへの耐性は、アルコールの耐性と同様に、人によって異なるからです。そのため、カフェインを摂った時に調子が良くないような気がする方は、デカフェを選ぶことも一つの方法です。試しにカフェインを含まない物を選んで摂取するようにして、体調をよく観察してみましょう。カフェインレスコーヒーを選んでいる方は、カフェインが持っているこうした中毒性や覚醒効果を避けるために、デカフェを選択している人が多くなっています。

カフェインは軽い精神依存を起こす作用があるので、一日あたりコーヒー4杯以上を飲む方は、依存状態になっていると考えられます。一日の中でコーヒーを沢山楽しみたい方は、デカフェを上手く利用することによってカフェイン摂取量を上手くコントロールすることにつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *