オフィスワークでのメタボ予防にオフィスコーヒー

椅子に座りパソコンの液晶画面を見ながらのオフィスワークは、エアコン完備で空調は整っていますし、座ってできる仕事なので人気があります。しかしオフィスワークでの悩みの一つは、実は多くの人が密かに抱える体重にも関わっており、座ってできるのは良いもののさほど行動量はありません。軽作業や外での仕事なら、常に立っていたり歩き回りますから、1日のカロリー消費量もそれなり期待できます。ところがオフィスワークは基本的に座り仕事、それでしっかり食べていては体重は増える一方です。

そこでオフィスコーヒーの出番であり、ささやかながらコーヒーにより、メタボ予防にも力を貸してくれます。朝オフィスに出勤をしたら、退社時刻まで外へ出ないこともありますが、何か飲み物を買いに行くのも面倒です。各々が好きな飲み物を持参して、仕事をすることもできますが、オフィスコーヒーを導入することで、買いに行く面倒なステップがありません。他のドリンクではなくなぜオフィスコーヒーが良いかですが、適度なコーヒーからのカフェインが摂取できるためです。

マイナスなイメージを持たれることもあるものの、カフェインは脂肪細胞にアプローチします。消化酵素は脂肪を分解させる役目であり、その働きを積極的に活性させる優れものがカフェインです。ポリフェノールとのコンビで、作用はより活発になるので、ダブルで含むコーヒーをオフィスでも取り入れない手はありません。生活習慣病を予防したい、メタボなどにはなりたくない、そんなビジネスマンを、優しく支えてくれるのもオフィスコーヒーです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *