オフィスコーヒーを設置するスペースも事前に確認を

すでに多くの会社で導入をしているオフィスコーヒーを、自社でも採用したいと考えたら、いくつかの注意点も確認をしておくことです。ひとくちにオフィスコーヒーといっても、コーヒーマシンをレンタルするか、もしくは自社で買うのか、ほかにも自動販売機を設置するという方法もあります。すぐに気が付くのは、大型の自動販売機と、比較的小さなコーヒーマシンでは、見るからに大きさが異なるということです。導入に前向きであれば、オフィスコーヒーの本体をどこに置くのか、事前に考えなければなりません。

確実にある程度の広さを必要とするのは自動販売機であり、サイズを確認の上でスペースの確保は必須です。無理やり自動販売機を置くことで、業務に支障の出る動線に置いてしまうようではいけません。また設置をする場所に関しては、ギリギリの広さよりもゆとりがあった方が良いです。そこまで広いスペースを必要としない、コーヒーマシンは導入をしやすくなります。

高さ的にも人間より大きな自動販売機とは異なり、だいたい30㎝くらいのタイプがほとんどです。スペースとしてはコピー用紙で考えたとき、サイズはA4くらいですから、1台だけの導入ならばさほど問題にはなりません。しかし従業員の数が多くなればなるほど、複数のコーヒーマシンを置くことを考えます。数台にもなるとそれに対応のできる、広さとコンセントも必要になるので、この点も含めてオフィスコーヒーは検討を進めていくことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *