オフィスコーヒーで人件費カット

オフィスでちょっと一息入れるのに欠かせないのがコーヒーですが、このコーヒー業務を担うスタッフの人件費が意外と重荷になっていることがあります。オフィスコーヒーを導入することで、この人件費をカットし、さらにコーヒー業務を効率化することも不可能ではありません。最近のコーヒーサーバーはどんどん高性能になっていて、コーヒーサーバーだけでなく、ウォーターサーバーや湯沸しポットなどの役目も果たしてくれたりするものもあります。そして、いれてくれるお茶やコーヒーの味もとても美味しく安定しています。

オフィスコーヒーは、メンテナンスは提供会社の方で無料でやってくれるケースがほとんどで、自社では本当に手間いらずで済むでしょう。コーヒー業務担当の社員は、その業務に対して不満を抱いている可能性も少なくありません。コーヒー業務を担当するのは主に女性が多いとされますが、男女同権が叫ばれる昨今では、コーヒー業務を女性に押し付けてばかりいると、前近代的な会社だとレッテルを貼られてしまうリスクがあります。オフィスコーヒーを導入すれば、そんな心配はありません。

オフィスコーヒーを導入することで、社員の結束力を育めるというメリットもあります。オフィスコーヒーを導入すれば、そのスペースは仕事の疲れをいやせるオアシスのような場所になります。そしてそこは社員たちが自由にくつろいでコミュニケーションをとれる場になり、社員間の交流が促進されるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *