ドリップコーヒーとは

コーヒーは入れ方一つで味わいが変わります。コーヒーには、様々な方法で抽出しますが、より美味しいコーヒーを飲みたい時に行うドリップコーヒーという方法があります。ドリップコーヒーは、コーヒーに関して深い知識のない初心者の方でも聞き覚えのある言葉だと思います。簡単に説明すると、上からゆっくりとお湯を注ぎ、コーヒーの良い成分だけを抽出させる方法の事を指します。

機械で行うのではなく自分の手で入れるので、ハンドドリップとも呼ばれています。また、自分のさじ加減で仕上がりが変わるので、自分好みの味に近づける所も魅力の一つです。ドリップコーヒーで抽出する方法の一つとして、初心者の方でも始めやすいのが、ペーパーフィルターを使う入れ方です。ドリッパーにフィルターをセットし、フィルターの中にコーヒー粉を入れます。

その上から沸騰させて約95度になったお湯をゆっくりと注ぎます。後は、お湯を何回か分けて注ぎ、抽出されるのを待ちます。美味しく入れるには、一度コーヒー粉全体にお湯を注ぎ、蒸らす事でコーヒーの良い成分が抽出されます。ドリップコーヒーを究めたい方はコーヒー豆や器具、入れ方など、一つ一つこだわっている方が多いです。

しかし、初心者の方でも気軽に始めやすい抽出方法でもあるので、コーヒーの好きの幅広い方々に人気があります。器具も揃えやすく、自宅でも自分好みのコーヒーを飲む事が出来ます。コーヒーに関して知識がない方もドリップコーヒーを始め、楽しむ方が増えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *