ドリップコーヒーの種類と特徴について

コーヒーの淹れ方には様々な方法がありますが、ドリップコーヒーとは挽いたコーヒー豆の上からお湯をかけ、ろ過して抽出する方法で淹れたコーヒーのことです。なお、ひと口にドリップコーヒーといっても、ろ過に使うフィルターには主にペーパー、ネルと呼ばれる布、金属の3種類があり、それぞれ特徴がことなっています。まず、最も馴染みが深いのがペーパータイプです。ペーパータイプは使い捨てのため手軽なだけでなく、ペーパーの細かな繊維質でコーヒーの油分を吸い取ってくれるため、すっきりとしたコーヒーを淹れることができるのが大きな特徴です。

しかしながら、すっきりとしているということは反面、コーヒーの油分の旨味などに欠けるといったデメリットもあります。次にネルフィルターですが紙ペーパーに比べて目が粗く、コーヒーの成分がフィルターを通過しやすいため、しっかりとした重厚な味わいのコーヒーを淹れることができます。ただ、ろ過スピードが速い分、勢いよくお湯を注ぐと薄いコーヒーになってしまうので、ドリップの技術が必要です。他にも繰り返しネルを使用するのでお手入れに手間がかかります。

最後に金属ですがペーパー、ネルとは違い、フィルターがコーヒーの成分をまったく吸収しないので、コーヒー本来の味をそのまま楽しむことができます。また、金属製のため半永久的に使用できることもメリットです。しかしながら、細かなコーヒーの粉をろ過することができないため、ざらつきを感じる場合があります。このようにどの淹れ方にもそれぞれ特徴があるので、自分の好きな方法を見つけることもドリップコーヒーを楽しむひとつの方法かもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *