1杯分のドリップコーヒーの入れ方

コーヒーには色々な入れ方がありますし、インスタントやレギュラー等豆にも形があります。その中で近年販売され始めた、ペーパーの中に1杯分のコーヒー豆が入ったものがあります。これは豆も器具も必要ないけれど美味しいコーヒーを飲むことが出来る優れものです。そのやり方は、カップに直接市販のコーヒーが1杯分入ったペーパーをセットするのですが、そのセットの仕方は説明がきに従ってセットしてください。

しっかりセットしないと、ドリップコーヒーを抽出中にセットした紙が動いてこぼれてしまうことがありますので、注意してください。セットし終わったらできるだけポットは使わないようにして、薬缶でできれば注ぎ口の細い薬缶で少量ずつ沸かしたお湯を細くゆっくりとのの字を書くように入れていきます。ドリップコーヒーが落ちきったら、のの字のあとが残っているものが上手な落とし方です。これがコーヒーを蒸らす作業と言います。

そしてまた細いお湯をゆっくりとのの字を書くように入れていきます。その作業を丁度良いカップの量になるまで繰り返します。大体2回から3回位で美味しいドリップコーヒーが出来上がります。私的には、薬缶で沸かした熱湯をそのまま使うのではなく、氷があれば氷を2個位、なければ水を少し薬缶の中に入れたドリップコーヒーがお勧めの落とし方です。

このようにして落としたドリップコーヒーは、熱湯だけで落としたものより、丸みがでてより美味しくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *