蛇口から水が漏れ出ていることを確認した時には、修理を始める前に水道の元栓を閉めなければなりません。特に集合住宅では階下の部屋に影響を及ぼす恐れがありますので、必ず閉めてから作業し始めることが大切です。万が一のことを考えて、事前に大家さんや管理人に相談してから修理をするのが安心ですが、簡単な修理で直せることが分かっているのなら止水栓を閉めてから慎重に行うようにします。戸建ての場合には、止水栓を閉めるとそれ以上は水が出てきませんので、落ち着いて蛇口の状態を調べたり、水漏れの箇所を特定することが可能です。

発生個所が分かったら、原因を推察します。箇所によって原因は異なり、多くのケースではその部位に入ってるパッキンが劣化することで起こります。蛇口内部にはいくつものパッキンが入っており、型番の合った新しいパッキンと交換すると直る確率が高いようです。パッキンの購入は事前に済ませておきたいところですが、急に水漏れが発生した時には、その部品を持ってホームセンターに行くと同じものを購入できます。

現在使用されているパッキンはほとんどが大量に流通うしているものですので、すぐに手に入ります。部品が用意できたら必要な工具を手元に置き、故障個所の部品を丁寧に外していって、内部に入っている古いパッキンを取り外しましょう。新品と交換すればトラブルの原因は取り除かれているはずですので、あとは取り外した手順と逆に元に戻していくだけです。蛇口漏れの修理のことならこちら