自宅の設備でなくてはならないのは、水道設備です。台所の流しやトイレお風呂で使われ、水が出なくなると非常に困ったことになります。賃貸物件や社宅などならば、管理人さんに連絡すれば修理の手配をしてくれますが、マイホームの場合は全て自分で行わなければなりません。そこで水道修理をするにあたってのポイントを、幾つか説明いたします。

まずは水道水の元の弁の設置場所を把握して下さい。水道修理をする時は、水を止めなければ出来ない場合が殆どなので、元弁の位置を確認し、いざという時に止める事が出来るようにしておきましょう。次に水道漏れの状況を正確に把握する事が大切です。水道の蛇口を止めても水が出てきたり、蛇口までの配管から漏れているなど、状況を掴んで下さい。

ケースによっては自分で水道修理できる場合もあります。漏れが少ない場合は、ホームセンターなどで売っている止水テープを巻くだけで止まる場合もあります。無理に自分で修理しようとせず、水道修理業者に連絡をとって直ぐ修理しにきて貰う方が良いです。このため前もっていらいする水道業者を幾つかピックアップしておきましょう。

業者選びのポイントは、費用も大切ですが24時間いつでも連絡すれば対応してくれる業者が安心です。自宅近くで営業し、経験豊富な業者を選ぶことを推奨します。業者さんへ連絡する場合は、落ち着いてトラブルの状況を伝えて下さい。正確な情報が伝わると対応が早いです。