水道は人間が生活をする中で必要不可欠な設備の一つであり、災害などで使えなくなるとすぐに生活が困窮してしまいます。これは水が人間の生命活動を継続するために必要になるだけでなく、調理や洗濯やトイレなど利用頻度がとても高いからです。居住地の近くに水源があったり周囲に他の人が居住していなければ対応策もありますが、一定の住人が暮らす場所では難しいでしょう。これだけ重要な設備である水道ですが、鉄製の配管の中を液体である水を移動する構造であるため、配管や使用している部材が劣化などで状態が変化すると、そこから水が漏れ出してしまいます。

これは鉄材は時間の経過によって腐植してしまうからですが、利用者が適切な使い方をしない場合でも部材の状態が変化してしまい、放置していても改善するわけが無いので水道修理が必要になります。水道修理は専門的な知識と技術を持った業者が行うことになり、個人の住居であれば所有者が個別に修繕することも可能ですが、確実な修理法を実施しなければすぐに水漏れといった悪影響が発生してしまうでしょう。そのためほとんどのケースで水道修理には専門業者を利用していますが、実際に修繕に入る前には事前の準備が必要です。水漏れが既に発生している場合は、室内や隣接する住人に被害が及ばないように処置をすることが必要になります。

まずは元栓を閉めて水の供給を停止させることは当然ですが、既に流れた水が広がらないように土嚢を使って一か所にまとめておくようにしてください。何もしなければ水は四方八方に広がり、どのような被害が起きるのかわからないからです。