もしも水道にトラブルが発生をしたら、プロの水道修理業者に来てもらい対応をしてもらうのが1番良い解決策です。しかし電話などで連絡をしても、すぐに駆けつけてくれるとは限りません。業者側の都合もありますし、依頼主側としてもお互いのスケジュール調整が必要になります。連絡をして出来るだけ早く来てくれることになったとしても、その間に水漏れが激しく続くようでは、周りを水浸しにしてしまいますし、水道料金のことまで心配です。

まだ水道修理業者が到着をしないのであれば、自分で出来ることでの対処を行うことができます。あふれ出るほど水が出続けるようならば、止水栓を閉めてしまう事です。そうすれば水はそれ以上出てくることはありませんし、水道修理業者が修理に駆けつけてくれるまでの辛抱ですから、水回りがしばらく使えなくてもそんなに不便なことにはなりません。水道メーター付近にあるのが止水栓であり、見つけることができたとしても回らないと焦ってしまいます。

その時には冷静になって、水道の元栓をキュッとしめれば大丈夫です。でもなかなか業者が家に到着をしないと、水が使えないことは不便になります。トイレなどはまさにそのパターンですが、給水管の亀裂箇所が見られるのであれば、そこをカバーすることです。対処としては防水テープをペタッと貼り付けてみること、水道用なら水にも強くできています。

そうこうしているうちに業者が到着をするので、水道修理が終わればまた快適に使えるようになるのも修理後の水道です。