水道トラブルの中で最も頻度の高い物と言えば蛇口の水漏れが挙げられます。その原因はレバーやハンドルなど箇所によって変わりますが、多くの場合は蛇口に使用されてる部品の経年劣化によるものです。蛇口のタイプによっても漏れ方に差がありますが、レバータイプの場合には、レバーの下の水漏れが一番頻度が高いです。レバータイプではバルブカートリッジと呼ばれる部品の影響によることが多いため、バルブカートリッジを交換することで改善が期待出来ます。

レバーの下の金具部分で漏れている時は同様にバルブカートリッジやパッキンの老朽化が考えられます。気づきにくいのが止水栓の接続部分での漏れです。あまり目立たない場所なので気付きにくく、何故か蛇口の下部分が水浸しになっていて初めてトラブルに気づくケースも多いです。この場合はパッキンの老朽化や接続部分に使用されているナット部分の緩みが考えられます。

ナットを確認して緩んでいる場合にはすぐに締めなおしましょう。蛇口型も同様にパッキンやナット部分の緩みなどが主な原因になります。これらの部品はホームセンターなどで購入することが可能で、水漏れ原因によっては自力で修理することも可能です。しかし、自力での水漏れ修理は思わぬトラブルの原因になりかねないため、専門の修理業者に依頼するのが最適です。

静岡県内で水道修理を行う業者は多くいるため、まずは静岡内で自分の住む地域が訪問可能エリアかどうかを確認しましょう。静岡で訪問可能な業者が複数ある時には無料の見積もりを依頼し、金額の安い業者を選んだり、24時間受付対応の業者を選ぶなど、自分に合った業者を探してください。