トイレつまりの原因には様々なものが考えられますが、一番多いのがトイレットペーパーの流しすぎです。大量のペーパーを使って流してしまうと、つまりを起こして流れなくなってしまうことがよくあります。とくに大きな用をたした後に、大量のペーパーもまとめて流すと、かなりの確率でつまってしまうでしょう。しかしトイレットペーパーは水に溶けるので、しばらく様子を見ていれば、自然と流れていき解消されることが多いです。

なかなか解消されない場合はラバーカップを使ってやれば一瞬で解決します。次につまりで多いのが、ティッシュペーパーを流すことではないでしょうか。ティッシュペーパーは水に溶けないので、流すとつまってしまう原因になります。ですから絶対に流してはいけません。

もし大量のティッシュを流してつまってしまった場合は、専門の業者を呼んで治してもらった方がいいかもしれません。強引に水を流して解消しようとすると、便器から水が漏れてきて面倒なことになります。他によくやるのが、トイレで嘔吐してしまうことです。お酒を飲みすぎたりしたときなどに、便器に向かって盛大に嘔吐する人がよくいますが、あれはやってはいけないことです。

大量の固形物を流すと、つまって水が流れなくなり、水が漏れ出てきて悲惨なことになるかもしれません。それから、食べ残しなどを便器に流す人もたまにいますが、これもNGです。とにかくトイレのつまりや漏れが起きたら、まずは落ち着いて原因を探り、適切な対処法を選ばなければいけません。